〒121-0011 東京都足立区中央本町5-2-3

お気軽にお問合せください
受付時間:9:00~12:30/14:30~19:00
定休日 :隔週で日曜日

お電話でのご予約・お問合せ

03-5681-1722

施術案内

当院は、眼科系・心療内科系・神経内科系を専門に扱う鍼灸院です。他の症状は原則扱っていません。

眼科系鍼灸

当院では、眼疾患改善の為に自律神経、頸部・肩部の拘縮(物理的血流障害)改善を目的に、鍼(はり)はもちろ

ん、ストレッチやお灸を積極的に取り入れています。自律神経を整え、体温を活動適正温度にする事で、代謝を上

げ、全身から目の周りの血流をよくすることで、抵抗力、治癒力を最大に引き上げ各症状の改善を目指します。

緑内障、複視、眼精疲労、ドライアイ、飛蚊症、動眼神麻痺、中心性漿液性網脈絡膜症、動眼神

経麻痺、糖尿病網膜症、黄斑変性、眼瞼下垂、眼瞼けいれん等の眼科疾患


緑内障や網膜剥離等の手術後ケア(感染症の心配がなくなってからの施術です)。

外傷や脳卒中、眼部帯状疱疹(ヘルペス)による眼筋麻痺・眼球運動障害(瞳孔収縮、水晶体の

厚み調整・ピント調整、複視等)のケアを東洋医学でサポートします。

パソコン作業等で目が疲れてどうしようもない。首、肩がパンパンでどうしようもない。作業が進まない!でも、締め切り期間がある!こんなことはありませんか?エナジードリンクもいいか

もしれませんが、当院のクイックコース(約30分)でリフレッシュするメニューもご用意しています。

心療内科鍼灸

頭部から体幹部、両上肢下肢まで全身を物理的な施術と経絡的な施術を合わせることにより、自律神経のバランスを

整えます。うつ、自律神経失調、睡眠障害、不安障害(パニック、PTSD、他の疾患による不安障害など)      朝が

くるのが怖い、電車・バスに乗れない、めまい、いきなり息苦しくなる・動悸が出る、仕事があるのに朝まで眠れな

いなどで、悩まれている方の、以前の元気だった頃(当院はそれ以上を)の自分に戻る為のサポートを東洋医学でさせていただきます。ご希望があれば、漢方薬を専門に扱う提携薬剤師をご紹

介します。

このホームページを見て悩んでいる方、今本当に大変でだと思いますが、一歩踏み出して、一緒に充実した生活を取り戻しましょう。

 

神経内科系鍼灸

顔面神経麻痺、神経走行部位に相当する

に極少量の鍼通電刺激(初期の低周波施

術と違い後遺症発症要因にはなりませ

ん)を数秒間行い、表情筋の動きの有無

を確認します。より少ない刺激で表情筋

の動きが確認されれば予後は良好と考えています。

頭の痛み(頭痛、頭重感、頭部の違和感)、しびれ、麻痺

(顔面マヒ)、痙攣(けいれん)、めまい、パーキンソ

病、脳卒中後遺症など、お悩みをご相談ください。顔面の

麻痺(マヒ)痙攣(ケイレン)の施術実績は多く高い評価

頂いています。ボトックス・手術後のケアも積極的に取

り組んでいます。何年も時間がたち、もうこんなものと諦

めている方、鍼にプラスしてお灸を積極的に使用する事

で、諦めていた症状が改善する症例を当院では多く持って

います。

 

 

ご予約・お問合せ

お電話でのご予約・お問合せ

03-5681-1722

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ
2020/07/26
8月のお休みご案内・9~14日・23日お休みとなります。

認定薬剤師より

緑内障で悩まれている患者様へ
私が勤務している薬局には、緑内障の
治療でおかかりの患者様が大勢いらっしゃいます。
緑内障は、進行すると視力を失う可能性のある疾患であり、深刻な面持ちで、私ども薬剤師に相談してくる患者様も少なくありません。
 

患者様施術後アンケート

眼科系・心療内科系・神経内科系のアンケート・症例もご覧下さい。
同じ様な悩みを抱えて、鍼灸施術を受けた感想等多くの症例があります。

院長ごあいさつ

大内 民司

緑内障・複視・黄斑変性・眼瞼下垂・けいれん・眼精疲労眼科疾患に付随
する頭痛頭重感、パニックなどを長く扱っている院です。様々な不安をお聞かせ下さい。長年の経験、実績から最善の提案をさせていただきます。

アクセス・受付時間

住所

〒121-0011
東京都足立区中央本町5-2-3

受付時間

9:00~12:30/14:30~19:00

定休日

隔週で日曜日