〒121-0011 東京都足立区中央本町5-2-3    ouchi89@kdt.biglobe.ne.jp

お気軽にお問合せください
受付時間:9:00~12:30/14:30~19:00
定休日 :隔週で日曜日

お電話でのご予約・お問合せ

03-5681-1722

冬を健やかに過ごす食材

冬は身体の機能が冬眠するようにエネルギー代謝が低下します。

気持ちが内向きになり、身体がだるくなりやすく、外に出るのが億劫になる経験がおありの方も多いのでは?

寒さのために血流が悪くなり、熱や栄養、酸素がスムーズに運べなくなり、免疫力が下がり、風邪をひきやすくなります。

血流が障害されると、緑内障、飛蚊症、複視、眼痛、眼精疲労、ドライアイ、頭痛、顔面麻痺、顔面痙攣、耳鳴り等の症状が起こりやすい状態になりやすいです。

 

薬膳では、冬は『補陽温腎』と言う考え形で、身体を温める食材を食べ、腎機能を高める事が冬を健やかに過ごすために大切と考えます。

東洋医学では腎臓は生命を維持するために重要な臓器と捉えられています。

腎を温める食材を意識して食事に取り入れましょう。

 

腎を温める食材は、黒豆、昆布、きのこ、マグロ、たら、赤身肉、山芋など、キノコたっぷりのタラのお鍋などはいかがでしょうか?体を温める生姜をいれてもいいですね!

 

血流を良くする食材は、小松菜、カブ、ネギ、玉ネギ、里芋、イワシ、ウナギ、牛肉、唐辛子、黒砂糖、ニンニク、生姜などです。

 

滋養によく、代謝を高める食材は、にら、くるみ、栗、かぼちゃ、納豆、海老、牡蠣、クコの実、高麗人参などがあります。

 

また、身体を冷やす冬には控えたい食材は、なす、キュウリ、苦瓜、南国のフルーツ、魚卵、カニ、ウニ、ケーキなどです。体を冷やす食材を食べる時は、身体を温める食材も一緒に摂るといいですね。

 

冬は気温が下がる為、どうしても血流障害が起きやすくなり、目の症状やお顔の症状、痛みが出やすくなります。

首から先の部分を言われる部分(首、手首、足首の先)を保温してあげると身体全体も温まります。マフラーや帽子、手袋等でお身体を冷えから守りましょう。

目の調子も違いますよ!

少しでも、『補陽温腎』を意識して賢く冬を健やかに過ごしましょう!

 

 

 

 

ご予約・お問合せ

お電話でのご予約・お問合せ

03-5681-1722

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

2022年 スタッフ募集のご案内

新着情報・お知らせ
2022/12/1
2023年1月のお休み案内
1月7日より通常通りの施術時間です。
15日・29日(日曜日)はお休みさせていただきます。
2022/12/1
12月のお休み案内
4日・18日の日曜日と30・31日
がお休みです。
2023年は1月7日8:50より受付を開始させていただきます。


 

認定薬剤師より

緑内障で悩まれている患者様へ
私が勤務している薬局には、緑内障の
治療でおかかりの患者様が大勢いらっしゃいます。
緑内障は、進行すると視力を失う可能性のある疾患であり、深刻な面持ちで、私ども薬剤師に相談してくる患者様も少なくありません。
 

患者様施術後アンケート

眼科系・心療内科系・神経内科系のアンケート・症例もご覧下さい。
同じ様な悩みを抱えて、鍼灸施術を受けた感想等多くの症例があります。

院長ごあいさつ

大内 民司

緑内障・複視・黄斑変性・眼瞼下垂・けいれん・眼精疲労眼科疾患に付随
する頭痛頭重感、パニックなどを長く扱っている院です。様々な不安をお聞かせ下さい。長年の経験、実績から最善の提案をさせていただきます。

アクセス・受付時間

住所

〒121-0011
東京都足立区中央本町5-2-3

受付時間

9:00~12:30/14:30~19:00

定休日

隔週で日曜日