〒121-0011 東京都足立区中央本町5-2-3

お気軽にお問合せください
受付時間:9:00~12:30/14:30~19:00
定休日 :隔週で日曜日

お電話でのご予約・お問合せ

03-5681-1722

眼精疲労

 

 

眼精疲労とは目を使う仕事をするとき、普通の人では、疲れない仕事でも容易に目が疲れて痛くなったり、物を見ているだけ

でも目のかすみまぶしさ目の充血といった症状が現れる疾患です。またその他にも全身症状がみられることも一つの特徴で

あり、頸部や肩のこり、吐き気、全身倦怠感、などがあります。

またこのような症状が長く続いた状態になってしまうとうつ不眠といった精神性疾患となることもしばしばみられます。

眼精疲労の種類

眼精疲労の原因は、様々な要因があり、特定することが難しい場合が多く、もちろん目に原因がある場合もありますが、心因性のものや全身疾患によるものなどがあります。眼精疲労で考えられる原因は大きく分けて5つあります。

調節性眼精疲労
屈折異常や調節以上によって起こる眼精疲労です。遠視、近視、乱視などによって起こる眼精疲労が最も多いようです。いずれもものが正確に見る事が出来ないために無理やりに調節しようとして眼精疲労の症状が発生すると考えられます。

筋性眼精疲労
斜視(片目は目の中心にある場合にもう一方の目が中心からずれているてめ、両眼で同時に見えない状態)、斜位(目の位置が異常があるものの両眼視出来る状態)、眼筋麻痺など主に眼筋に異常がある場合に起こります。

症候性眼精疲労
結膜炎、角膜炎などによって起こる眼精疲労で最近では、ドライアイも眼精疲労の原因として考えられています。他にも、高血圧、糖尿病、貧血などによっても眼精疲労は起こる場合があります。また緑内障の初期には、目のピントを合わせる調節力が低下してくることがあり、眼精疲労の原因になります。

不等像性眼精疲労
両眼の網膜に映る像の大きさや形が異なることを不等像視といい、これにより起こる眼精疲労を不等像性眼精疲労といいます。メガネやコンタクトレンズが合っていないために起こることが多いです。

神経性眼精疲労
目には異常はなく、全身衰弱、心身症、自律神経失調症、睡眠障害等でおこる眼精疲労をいいます。仕事などでストレスが強くなると体に様々な悪影響を与えます。眼精疲労はその一種と考えられます。

眼精疲労についての東洋医学的考え

中医学では五臓六腑のは目に開竅するといわれており、目の疾患は肝機能の障害が深く影響していると考えられています。肝血が不足してしまうと視覚の異常や運動系の異常などがみられます。そのほか肝

は運動神経系の調節に関係があると言われており、眼精疲労は上記の筋性眼精疲労や目のピントを合わせる働きがある毛様体筋の運動機能が低下していると考えられ、そのことからも眼精疲労は肝の機能と

の関係が深いことがわかります。また、肝は精神情緒の安定、自律神経系を介した機能調節も行っており、それらの機能低下は、神経性眼精疲労を引き起こすと考えられます。

症例

主訴眼精疲労


東京都 20代 男性 会社員

症状
IT業界で仕事をしており、デスクワークが多く日常的に目の疲れを感じる。最近は、目に疲れを感じると同時に頚部、肩背部痛、頭痛(2~3日に一回位市販薬を飲んでいた)、体のだるさ、疲労感を感じ

仕事に集中できない、目のピントが合っていないと感じ、物を見てもピントが直ぐに合わない、コンタクトが合わない、ドライアイ、字がぼやけて見えて視力低下を感じる。気力低下休日は1日自宅でゴロゴロして外へ出たくない。

当院の施術
本症例の患者様は眼精疲労、全身の緊張が強く特に(首肩)、交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、交感神経優位に働いており、睡眠障害(入眠、中途覚醒)、そういったものが目やその他の症状に

も悪影響を与えていると考え、眼科鍼灸にプラスして、全身を調整施術。話を伺っていくと、最近同僚が退職されて自分に回ってくる仕事の量が増えてとても忙しく、睡眠時間も不足しているとのことでした。

いくら当院で治療させていただいても睡眠時間が不足していると、体の自然治癒力を高める効果が少なくなってしまいます。こまめにでも空いてる間に睡眠を取るように日々の生活習慣の改善を促しました。

又プライベートでのスマートフォンの使用を必要最低限、特にベッドに入ってのスマートフォン使用をやめるようにお願いしました。

本症例の患者様は、眼科に受診しており、他に重篤な症状が無いとの事で施術を開始しました。眼科でも毛様体筋の疲労が見ら眼精疲労と診断されています。(ピント調節力)


経過
♦初診
治療後、目の周りがすっきりしたと感じ、文字がはっきりと見えるようになった。

♦2回目
前回治療後、23日は効果を感じたが、症状が戻ってしまった。頭痛頭重感は1回の施術で少しだが施術効果を感じ、薬を飲まずに済むぐらいの頭痛は出るが、かなり楽になった。

♦3回目
以前よりも仕事中に目の疲れを感じる事が少なくなってきた。(昼から夕方ぐらいまで)中途覚醒(睡眠中に目が覚める)は前回施術後から無く、よく眠れた朝は久しぶりに朝気分が良かった。頭痛はほとんど気にならなく、薬は1度も飲んでいない。首、肩がかなり軽くなった。

♦4回目
目が楽になってくると同時に体のだるさがなくなってきて朝気持ちよく起きられるようになってきた。鍼灸て聞くんですね!と言っていただきました。


♦5回目
視力も回復し、ピントも合うようになり(近くが特によくなり、意識しなくてもピントが合っていた)頭痛や全身のだるさはほとんどなくなった。長時間仕事をするとどうしても目の疲れを感じるが、それ

以外では目の疲れを感じなくなってきた。仕事での集中できる時間が長くなった。頭の回転が良く?効率がいいといわれる。1度だけ頭痛薬を何だが薬の効きが早く、薬の効きが良い感じがするとのこと。

以後、仕事も忙しく調子が悪くなったら直ぐに来院します。との事で1クール(5回)で終了しました。

眼精疲労考察

本症例の患者様は、眼精疲労、頭痛その他の症状がひどくなり、20代後半でこのままでは、仕事が続けられない?と不安を抱えていました。生活習慣も含め出来る事は全てしますと、生活改善にも積極的

に取り組まれ1クールで、ほぼすべての症状が改善され施術を終了しました。上記の症状以外にも、夜車、バイクの運転が怖い(雨の日)、と言われていましたが、よくお話を聞くと、まぶしくて極端に見

えづらくなるとの事でしたが、後日その症状もいつの間にか改善したと言われました。

眼精疲労の症状のみで、来院される方もおられますが。当院で扱う緑内障、白内障、眼瞼下垂、ドライアイ、複視等ほとんどの(ほぼ全て)方が眼精疲労を訴えています。眼精疲労は1回の施術を行い、最

初から効果は感じますが、すぐに元の症状に戻る状態が約1カ月(週1回通院の場合)続きます。2ヵ月目位から徐々に治療効果が伸び始め眼精疲労は、ほぼ消失していきます。

眼精疲労、、、疲れているだけ、たいした事ナイ!と考えている方もいるでしょうが、眼精疲労が継続すると他の疾患に罹患するきっかけになってしまう恐れがあります。いつもと違う違和感を感じたら専門機関の受診、生活環境を見直してみて下さい。

ご予約・お問合せ

お電話でのご予約・お問合せ

03-5681-1722

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ
2020/10/27
令和2年11月のお休み案内。
1529の日曜日と(文化の日)・23(勤労感謝の日)はお休みとさせていただきます。

認定薬剤師より

緑内障で悩まれている患者様へ
私が勤務している薬局には、緑内障の
治療でおかかりの患者様が大勢いらっしゃいます。
緑内障は、進行すると視力を失う可能性のある疾患であり、深刻な面持ちで、私ども薬剤師に相談してくる患者様も少なくありません。
 

患者様施術後アンケート

眼科系・心療内科系・神経内科系のアンケート・症例もご覧下さい。
同じ様な悩みを抱えて、鍼灸施術を受けた感想等多くの症例があります。

院長ごあいさつ

大内 民司

緑内障・複視・黄斑変性・眼瞼下垂・けいれん・眼精疲労眼科疾患に付随
する頭痛頭重感、パニックなどを長く扱っている院です。様々な不安をお聞かせ下さい。長年の経験、実績から最善の提案をさせていただきます。

アクセス・受付時間

住所

〒121-0011
東京都足立区中央本町5-2-3

受付時間

9:00~12:30/14:30~19:00

定休日

隔週で日曜日