〒121-0011 東京都足立区中央本町5-2-3

お気軽にお問合せください
受付時間:9:00~12:30/14:30~19:00
定休日 :隔週で日曜日

お電話でのご予約・お問合せ

03-5681-1722

お悩み相談室

複視 二重に見えて、かなり仕事に支障が有ります。

仕事量が増え、同時に大学院でのレポート等が重なり

30~40分パソコンを見るだけで、複視症状悪化と頭痛が出

てきてしまい、本当に困っています。なるべく早く施術を受け

たいと慌て来院された患者様がいました。

生活環境の改善と鍼灸施術で3回の鍼灸施術で症状が消失し以

後再発はありません。

詳しくは、下にある「誘導バナー」の複視のページ症例をご覧下さい。

複視の悩みを解決する3つの方法

1:複視治療の基本は医科での診断です。

複視といっても、疲労が重なっって少し休むと回復する比較的程度の軽いものから、稀ですが、重篤な病気が原因で複視の症

状が出る場合があります。まずは、なぜ複視の症状が出ているるのか?きちんと専門医の検査、診断が必要です。複視は得意

です?と経緯、医師の診断も確認せずいきなり施術をする鍼灸師がまれにいますが、必ず医科にて重篤な病気の心配が無い事

を確認してからの施術が絶対です。

稀にですが、悲しく、悔しいお別れもあります。脅かすわけではありませんが、複視の症状が急に出現したら専門医の診断を受けて下さい。

悲しいお別れ ここをクリックしてください。

2:きちんとした食生活と睡眠をとりましょう!

きちんとした、食事、睡眠をとりましょう!

ただ、食べるだけでなく、時間、栄養バランスに気を付けていますか?

現在ほとんどの方が、自信を持って私はきちんと三食、栄養、時間に気を付けているのでOKです。と、言える方は殆どいないと思います。

睡眠不足の症状は、疲労感・けだるい・眠いなど、あいまいではっきりとした症状がありません。気合で乗り越えられる?と勘違いをしてしまうのもしょうがなく、

ほとんどの方が、自覚をしつつも何とか乗り切って来たから?大丈夫と思っていますが、その結果複視の症状等が出現します。

睡眠不足は、徐々に身体を蝕み、精神までも蝕みます。気が付いた今から、生活習慣を見直しましょう。いくら鍼灸施術をしても、生活習慣がきちんとしていなければ、思うような施術効果が出ません。

3:適度な運動で代謝を上げましょう!

 

身体を温めて、代謝を上げ、筋肉、内臓を活動適正温度にし、物理的障害の筋硬結(首肩こり)を改善して、老廃物を積極的

に排出し、栄養(酸素も含む)を含んだ良質な血液を目の周りに運ぶことにより、本来持っている回復力、耐性(抵抗力)な

どが発揮されます。また、複視の症状がある方は、強いストレスを感じています。ストレスを溜めないように?、、難しいと

思います。マイナスのストレスは、プラスのストレスで相殺するしかありません。プラスのストレスとは、よく眠れて気持ちいい!嬉しい!楽しい!美味しい!心地いい!等です。適度の運動はプラスのス

トレスになります。

但し、睡眠・食事をきちんと取りながらです。

それでも心配なら!

院長の大内です。眼科疾患の方にお気軽にとは言えませんが、少しの勇気を出して鍼灸施術を体験してみて下さい。症状に対するリスクはありません。                    
 

それでも、心配・目に良い事は何でも取り入れたい。医科以外

のケアを体験してみたい。早くこの症状を何とかしたい!方は

ぜひ鍼灸施術を試してください。当院は複視の症例が多く緑内

障と複視には特に力を入れています。

過労、ストレス、外傷、眼部帯状疱疹、動眼神経麻痺等、様々

な複視に対する鍼灸施術の効果を見て下さい。(下記よりその

ページにジャンプします。

 

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。
※下記のリンクから、本ページと関連するページのリンクを設定してください。

お悩み相談室パニック,案内
お悩み相談室顔面麻痺,ご案内

ご予約・お問合せ

お電話でのご予約・お問合せ

03-5681-1722

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ
2020/10/27
令和2年11月のお休み案内。
1529の日曜日と(文化の日)・23(勤労感謝の日)はお休みとさせていただきます。

認定薬剤師より

緑内障で悩まれている患者様へ
私が勤務している薬局には、緑内障の
治療でおかかりの患者様が大勢いらっしゃいます。
緑内障は、進行すると視力を失う可能性のある疾患であり、深刻な面持ちで、私ども薬剤師に相談してくる患者様も少なくありません。
 

患者様施術後アンケート

眼科系・心療内科系・神経内科系のアンケート・症例もご覧下さい。
同じ様な悩みを抱えて、鍼灸施術を受けた感想等多くの症例があります。

院長ごあいさつ

大内 民司

緑内障・複視・黄斑変性・眼瞼下垂・けいれん・眼精疲労眼科疾患に付随
する頭痛頭重感、パニックなどを長く扱っている院です。様々な不安をお聞かせ下さい。長年の経験、実績から最善の提案をさせていただきます。

アクセス・受付時間

住所

〒121-0011
東京都足立区中央本町5-2-3

受付時間

9:00~12:30/14:30~19:00

定休日

隔週で日曜日