〒121-0011 東京都足立区中央本町5-2-3    ouchi89@kdt.biglobe.ne.jp

お気軽にお問合せください
受付時間:9:00~12:30/14:30~19:00
定休日 :隔週で日曜日

お電話でのご予約・お問合せ

03-5681-1722

中心性漿液性脈絡網膜症(中心性網膜症)

中心性網膜症の原因は、睡眠不足やストレスなどさまざまな原因により、網膜(神経)と脈絡(血管)を隔てている網膜色素上皮に傷ができ、脈絡膜側の血管から滲み出た漿液が、網膜の下に溜まることで網膜剥離を起こし発症します。

網膜の中心部にある黄斑部に浮腫が生じる病気で、両眼同時の発症は珍しく、通常は自然に治りますが、再発を繰り返すこともあります。

30歳以上の男性に多く、一万人に一人の確率で発症します。

通常は自然治癒しますが、症状が長引く場合には末梢循環改善薬やビタミン剤、ヨウ素製剤といった薬による治療や脈絡網からの漏出点にレーザーを照射し、細胞を凝固させます。

ごく稀に、レーザー治療後に白内障が進行したり、眼底出血や網膜剥離などが起こる場合があり、合併症によっては視力低下を起こすことがあります。

また、妊娠時や副腎皮質ステロイド薬の副作用で起こることもあります。ステロイドの副作用は飲み薬だけでなく、吸入薬や塗り薬、注射でも起こる事があり、主治医や薬剤師に確認することも必要です。

 

症状は、中心が暗く見える中心暗転、物が実物理より小さく見える小視症、ものが歪んで見える変視症が起こることがありますが、視力低下は軽い場合が多いようです。

中心性漿液性脈絡網膜症の原因となる網膜剥離が治ると通常症状は改善しますが、見えにくさは残る場合もあるようです。

網膜剥離がなかなか改善しない、または再発を繰り返すと視力低下の原因になり得るようです。

 

当院では、全身に治療することで、ストレスに対する抵抗を高め、目の症状を健やかに保つよう耐性を高め、再発を防止します。

東洋医学的には、目は肝に開きょうすると言われます。肝に関係するつぼに鍼やお灸を更に行い、また目の症状は腎の衰えとも言われ、腎の要穴にも施灸することで、目の状態を健やかに保つことで、症状を改善し再発を予防します。

 

日常生活で目からの情報の重要性を考えると再発予防の施術は重要です。鍼灸治療は副作用がなく安全な治療法です。

中心性漿液性脈絡網膜症でお悩みの方、将来に不安を抱えている方、ぜひ一度当院にお問い合わせください。

 

ご予約・お問合せ

お電話でのご予約・お問合せ

03-5681-1722

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

2024年 スタッフ募集のご案内

新着情報・お知らせ
2024年6月1日
お休み案内
2日・16日・30日の日曜日は、お休みさせていただきます。


 

認定薬剤師より

緑内障で悩まれている患者様へ
私が勤務している薬局には、緑内障の
治療でおかかりの患者様が大勢いらっしゃいます。
緑内障は、進行すると視力を失う可能性のある疾患であり、深刻な面持ちで、私ども薬剤師に相談してくる患者様も少なくありません。
 

患者様施術後アンケート

眼科系・心療内科系・神経内科系のアンケート・症例もご覧下さい。
同じ様な悩みを抱えて、鍼灸施術を受けた感想等多くの症例があります。

院長ごあいさつ

大内 民司

緑内障・複視・黄斑変性・眼瞼下垂・けいれん・眼精疲労眼科疾患に付随
する頭痛頭重感、パニックなどを長く扱っている院です。様々な不安をお聞かせ下さい。長年の経験、実績から最善の提案をさせていただきます。

アクセス・受付時間

住所

〒121-0011
東京都足立区中央本町5-2-3

受付時間

9:00~12:30/14:30~19:00

定休日

隔週で日曜日