〒121-0011 東京都足立区中央本町5-2-3    ouchi89@kdt.biglobe.ne.jp

お気軽にお問合せください
受付時間:9:00~12:30/14:30~19:00
定休日 :隔週で日曜日

お電話でのご予約・お問合せ

03-5681-1722

夏を健やかに過ごしましょう!

夏を健やかに過ごすためのちょっとした習慣

 夏はたっぷりと日差しを浴びた木々が青々と茂り、成長が盛んになる季節。

人の身体も代謝が盛んになります。暑さで熱がこもるので、沢山汗をかき、水分の代謝を活発にして暑さをしのぎます。

この季節は、漢方・薬膳では陰(血・津液)を補い、心(心臓)の機能を養生する『補陰養心』という考えで夏を健やかに過ごす食事を摂るようにします。

 暑いと冷たい飲み物や食べ物を摂りたくなりますね。冷たい飲み物や食べ物を摂ると内臓が冷やされ、様々な不調が現れてきます。

喘息、アトピー性皮膚炎、花粉症、アレルギー性鼻炎などの症状が悪化しやすくなります。

また、汗を沢山かくと身体の水分が失われてエネルギーを消耗し、だるい、食欲がないなど夏バテの原因になります。

薬膳では、身体を適度に冷やし、水分を補給する季節の食材や、心臓を助ける赤い食材、消化の良い苦みのある食材や麺類などを摂るようにします。

冷たい飲み物を大量に摂ると身体に水が滞り、夏バテの原因になります。なるべく冷たい飲み物を控えて温かい常温の飲み物を取るようにしましょう。

また、夏は熱性の食べ物や消化しにくい脂っこい食べ物はなるべく控えて涼性の食材を取り入れます。

 

夏を健やかに乗り切るポイント

 身体を冷やして余分な水分を排出し、むくみを取る食材を意識して食べる。→なす、トマト、きゅうり、冬瓜、小豆、梨、メロン、生姜、海藻、クコの実など。

 心臓に良い赤色と苦味のある食材を摂る。→大豆、うなぎなど魚介類、玄米、セロリ、すいか、パプリカ、小豆、ゴーヤ、パセリ、ごぼう、山査子、桂枝、紅花、酸棗仁、竜眼肉、百合など。

 消化が良く胃腸に優しい食材を摂る。→キャベツ、ヨーグルト、大根、しそ、梅干し、ジャガイモ、山芋、生姜、山査子、ちんぴ、高麗人参など。

 甘味温熱な食べ物は身体に湿気を溜めやすい控えたい食材→牛肉、マトン、もち米など。

 食べ過ぎは身体に熱を溜めやすいので注意しましょう。

いかがでしょうか?少しでも参考にしていただければ幸いです。

お勧めの食材を取り入れて、賢く暑い夏を乗り切りましょう!

 

 

ご予約・お問合せ

お電話でのご予約・お問合せ

03-5681-1722

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

2024年 スタッフ募集のご案内

新着情報・お知らせ
2024年6月1日
お休み案内
2日・16日・30日の日曜日は、お休みさせていただきます。


 

認定薬剤師より

緑内障で悩まれている患者様へ
私が勤務している薬局には、緑内障の
治療でおかかりの患者様が大勢いらっしゃいます。
緑内障は、進行すると視力を失う可能性のある疾患であり、深刻な面持ちで、私ども薬剤師に相談してくる患者様も少なくありません。
 

患者様施術後アンケート

眼科系・心療内科系・神経内科系のアンケート・症例もご覧下さい。
同じ様な悩みを抱えて、鍼灸施術を受けた感想等多くの症例があります。

院長ごあいさつ

大内 民司

緑内障・複視・黄斑変性・眼瞼下垂・けいれん・眼精疲労眼科疾患に付随
する頭痛頭重感、パニックなどを長く扱っている院です。様々な不安をお聞かせ下さい。長年の経験、実績から最善の提案をさせていただきます。

アクセス・受付時間

住所

〒121-0011
東京都足立区中央本町5-2-3

受付時間

9:00~12:30/14:30~19:00

定休日

隔週で日曜日