〒121-0011 東京都足立区中央本町5-2-3    ouchi89@kdt.biglobe.ne.jp

お気軽にお問合せください
受付時間:9:00~12:30/14:30~19:00
定休日 :隔週で日曜日

お電話でのご予約・お問合せ

03-5681-1722

,

養陰補肝で春を健やかに過ごす

 

中医学では、春を健やかに過ごすために、『養陰補肝』といい肝の働きをよくし、陰(血、津液)を養うと良いとされる食事が大切と考えます。また、肝は目に開竅すると言われ、肝臓は目と関係が深い臓器と言えます。

 春は、冬に蓄えられたエネルギーを発散させるために、上へ外へのエネルギーが強くなります。

活動的になる一方で、頭痛、鼻詰まり、だるい、肩凝り、目が充血する、怒りっぽい、イライラする、などの症状が出やすくなります。

そこで、薬膳では、酸っぱいものを食べて肝の働きを良くし、苦味のある食べ物で粘膜の潤いを保つ,

また、便秘改善の食べ物を食べて体調を崩さないようにすることが春を健やかに過ごすポイントとなります。

肝の機能を良くする食べ物は、クコの実(枸杞子)、貝類(アサリ、シジミ)、セロリ、ニラ、セリ、豚肉、イチゴ、レモン、カッテージチーズ、山査子など。 

 新陳代謝を良くする山菜など、苦味がある食材、アスパラ、春キャベツ、ふきのとう、ウド、菜の花、タラの芽、ワラビ、金針菜、蒲公英など。

 粘膜に潤いを与え、眼や喉に良い食べ物は、大根、レンコン、シソ、ハチミツ、白キクラゲ、蜂花粉、陳皮など。

 便秘を改善する、ヨーグルト、ゴマ、リンゴ、銀耳(白キクラゲ)、海松子(松の実)、決明子(ハブ茶)など。

 これらを食事に取り入れて、肝を元気にし、目の調子を整えて、春を元気に過ごしましょう!

当院でも目と身体の調子を整え漢方サプリメントをご用意いたしました。

詳しくは、→ここをクリックしてください。

 

 

ご予約・お問合せ

お電話でのご予約・お問合せ

03-5681-1722

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

2024年 スタッフ募集のご案内

新着情報・お知らせ
2024年2月1日
お休み案内。
11・25日曜日と12日(建国記念日振替)
23日(天皇誕生日)は、お休みとさせていただきます。
4・18日の日曜日は、朝9:50より受付を開始させていただきます。

 

認定薬剤師より

緑内障で悩まれている患者様へ
私が勤務している薬局には、緑内障の
治療でおかかりの患者様が大勢いらっしゃいます。
緑内障は、進行すると視力を失う可能性のある疾患であり、深刻な面持ちで、私ども薬剤師に相談してくる患者様も少なくありません。
 

患者様施術後アンケート

眼科系・心療内科系・神経内科系のアンケート・症例もご覧下さい。
同じ様な悩みを抱えて、鍼灸施術を受けた感想等多くの症例があります。

院長ごあいさつ

大内 民司

緑内障・複視・黄斑変性・眼瞼下垂・けいれん・眼精疲労眼科疾患に付随
する頭痛頭重感、パニックなどを長く扱っている院です。様々な不安をお聞かせ下さい。長年の経験、実績から最善の提案をさせていただきます。

アクセス・受付時間

住所

〒121-0011
東京都足立区中央本町5-2-3

受付時間

9:00~12:30/14:30~19:00

定休日

隔週で日曜日